まちびらき50周年記念事業とは?

主な記念事業

今回のまちびらき50周年記念事業は、2022年11月25日の50年目を中心に、前後の期間で下記事業をまち全体で地域の皆様と共に盛り上げ、更なる50年先、100年先を目指していきます。

街の愛称募集関連事業

名  称:街の愛称募集事業

目  的:まち全体をはじめいろんな場所に愛称をつけ、さらなるまちへの愛着をもっていただく。

実施期間:7月下旬から公募開始予定

実施内容:平城・相楽ニュータウン全体の愛称をはじめ、特に奈良側の各種道路や公園の未命名箇所の愛称を一般公募し命名いたします。
※決定した愛称は、50周年記念式典時に発表予定

まちびらき50周年イベント

名  称:まちびらき50周年記念イベント
目  的:まちの誕生から50年目を祝した記念イベント
実施時期:11月26日(土)・27日(日)2日間
実施内容:近鉄高の原駅前一帯をメイン会場とし、音楽や飲食コーナー、展示コーナー、体験コーナー、各種アトラクションなど盛りだくさんのプログラムで、まち全体をお祭りムード一色とします。
また、地区内の公共機関や立地企業などの紹介コーナーなどで、まだまだ知らいないまちの魅力を再発見してください。

まちびらき50周年記念式典

名  称:平城・相楽ニュータウンまちびらき50周年記念式典
主  催:平城・相楽ニュータウンまちびらき50周年記念事業実行委員会
実施時期:2022年11月26日(土)10時挙行
実施内容:奈良市北部会館市民ホールにて記念式典を実施

ごあいさつ

今から50年前の1972年11月25日、高の原駅を中心としたこの地に「平城・相楽ニュータウン」が産声をあげました。

当時、日本で初めてと言われるほど大規模な歩行者専用道路が体の血管のようにまち中に張りめぐらされ、緑豊かで、歴史を感じる落ち着いた特色あるまちです。

奈良県側の平城ニュータウンと京都府側の相楽ニュータウンから成り立っていますが、当初から一体的に開発することを前提とされており、このまちに住む住民にとっても府県境は意識されず1つのまちとして発展してきました。

今回、まちびらき50周年を迎え、ニュータウンから成熟したまちへと地域の人々の手で日々変化を続け、子どもから高齢者まで多くの皆さまに愛着を持っていただける、そんなまちづくりを続けてまいりたいと思います。

今後ともこのまちの発展にご協力よろしくお願い致します。

平城・相楽ニュータウンまちびらき50周年記念事業実行委員会

実行委員長 作間 泉
(奈良市自治連合会長・同北部ブロック長)

平城・相楽ニュータウンまち開き50周年記念事業実行委員会組織図

リンク

事務局

平城・相楽ニュータウン まちびらき50周年記念事業実行委員会
【事務局】
関西文化学術研究都市センター株式会社
コミュニティ促進部
TEL: 0742-93-3571
FAX:0742-71-9577
〒631-0805 奈良県奈良市右京1丁目2

協力・協賛のお願い

2022年(令和4年)11月25日にまちびらき50周年を迎えるにあたり、更なるまちの発展を目指した各種記念事業を実施いたします。
つきましては、終息の兆しが見えつつもまだまだ収まりきらない新型コロナ感染症拡大状況、また、諸事多難な折り、誠に恐縮ですが、当記念事業の趣旨にご賛同のうえ、企業や団体、個人の皆さまからのあたたかいご支援・ご協力を広く募集いたします。ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

【募集期間】

2022年(令和4年)11月25日まで

【主な特典について】
ご希望により、今後本件につきまして発行いたします印刷物ならびにホームページなどの情報発信物におきまして、社名や団体名、また、店舗名や個人名など、ご協力・ご協賛内容に応じて掲載ならびにリンクなどで特典に代えさせていただきます。

お問合せくださればお伺いいたします。何卒ご協力・ご協賛賜りますようよろしくお願いいたします。

トップへ戻る